海、湖、山、川、岬、ダムをめぐるツーリング with beautiful photos and exquisite sentences

カテゴリー: 鳴門大橋

東京から高知まで一日で走るツーリング?-大鳴門橋と燃費トライアルの結果

本州から四国に渡ります

大鳴門橋(2021年5月)
大鳴門橋(2021年5月)

鳴門大橋です。一般的に鳴門大橋と呼んでいますが正確には「大鳴門橋」。また明石大橋も「明石海峡大橋」です。知ってました?

さて、燃費トライアルの結果です。前回の名港西大橋を通過して(約350km)東京から無給油なのでそろそろどこかで給油のタイミングですがすぐに給油してしまうと残りの道のりが400kmを大きくオーバーするので出来れば400km以上走ってからにしたいところ。

NC750Sは残り3.3lでメータがリザーブ表示になりますがこの時点ではまだ大丈夫。(普段表示させてある)平均燃費から考えても5l弱残っているはずで2l余裕をみてあと3l分、約100kmが目安。(蛇足ですが燃料残も表示できますよ。あまり好きじゃないだけで。)

この後、Res表示に変わった直後に給油可能な土山SAを通過して草津PAで給油。走行435kmで給油量11.56l(平均燃費37.5km/l)。結構ペースを抑えた割には伸びなかった印象がするのはNC750Sに乗っているからでしょう。

旅程の残りは370km程度なのでこのペースで行けば十分に途中無給油で到着できます。結果的にはこの後、少しペースを上げて明石海峡大橋→淡路島→大鳴門橋を通って四国に入り高知の実家最寄りICで降りて給油。この時の給油量がほぼ10.0lなので平均燃費37km/l。

結局朝6時前に東京を出て、時々休憩、1回の給油。高知の実家に16時過ぎに無事到着しましたとさ。

このシリーズはこれで終わり。次回からダムになります。

鳴門大橋で四国に渡る

鳴門大橋の全景

鳴門大橋全景(2020年12月)
鳴門大橋全景(2020年12月)

名神多賀で一泊し実家の高知に帰省する途上、明石大橋ー淡路島ー鳴門大橋の経路で本州から四国に渡りました。渡った直後、お茶園展望台に上って鳴門大橋の全景を撮影しました。この近辺は渦潮を観光する施設等多くありましたが、帰省途上なので寄らずに撮影のみにしました。ちょっと残念。極至近に大塚国際美術館もあります。

渦潮を…巻いてないな

淡路大島と渦潮観察船(2020年12月)
淡路大島と渦潮観察船(2020年12月)

渦潮を撮影…と思いましたが巻いていません。残念。潮回りによって一つの大きな渦が巻いたり、小さな渦が沢山出来たり、早瀬のように流れたりいろいろパターンがあるようです。このタイミングは早瀬パターンのよう。

船も方向転換時には流される

鳴門大橋の渦潮を観察するための観光船は多く運行されています。そのうちの一隻が渦に近づこうとして方向転換していますが…早い潮に流されている様子がよく分かる動画です。船は横には進めませんから潮が横向きに当たるとその間は流されます。方向転換も一苦労です。

明日は吉野川PAに行きます。