海、湖、山、川、岬、ダムをめぐるツーリング with beautiful photos and exquisite sentences

カテゴリー: 夏 ( Summer in Japan ) (1ページ目 (4ページ中))

下久保ダムに向かうツーリング1

下久保ダム…じゃないね

神水湖とキショウブ(2021年5月)
神水湖とキショウブ(2021年5月)

この日は夕方にタイヤ交換を予定していたので埼玉地方かつあまり遠くないところで地図を見ていると下久保ダムを見つけました。関越自動車道で行けば本庄児玉ICから国道462号ですぐですが、それもつまらないので国道17号線を走ることにしました。

国道17号線を左折し462号。関越自動車道の高架をくぐり国道254号線を横断してしばらく進むと関東平野の平らな場所から山間部に向かう道になりダムの雰囲気が出てきます。「鬼石」の地名が目立つなあと思っているとダム湖らしい水面が見えてきたので鬼石総合グラウンドでバイクを停めて確認するとダムが確認できました。下久保ダム?じゃないよねと思いつつ写真を撮影。手前に黄色く見えているのはキショウブ。美しい花ですが外来種だそうです。

ダム堤体をアップで

神水ダムを上流から望む(2021年5月)
神水ダムを上流から望む(2021年5月)

ダム堤体をアップで撮影するとこんな感じです。ダムの機械室の向こうに建物が見えていることから堤体があまり高くないことが分かります。また天端の通路?もあまり大きくは見えないので小型のダムですが比較的堤体長が長い特徴的なダムです。堤体近くで撮影するために少し引き返して、ダムの管理事務所に向かいます。

神水ダムという群馬県営のダムらしい

神水ダム堤体(2021年5月)
神水ダム堤体(2021年5月)

このダム、神水ダムという名称で群馬県が運営する発電用のダムです。堤体が低くまたゲートが低い独特のルックスです。そういえば仁淀川水系の筏津ダムに規模感や構造が似ています。小規模な減勢工と消波ブロックの組み合わせは珍しいと思います。このダム「鬼石ダム」とも呼ばれていたようですが…小規模なためかGoogleマップではかなり拡大しないと名称が表示されず、下調べの段階では見落としていました。

ツーリングはやはり行ってみないと分かりません。

次回は下久保ダムに向かったはずですが…、お楽しみに。

奥多摩→大菩薩初鹿野線のツーリング 2

小河内ダムの全景

ウツギと小河内ダム(2021年5月)
ウツギと小河内ダム(2021年5月)

小河内ダムとウツギです。小河内ダムは洪水吐(写真左側の水色のゲート)がダム堤体本体ではなくて岩場を介してつくられている点です。このため重力式コンクリートダムでは一般的な減勢工が小河内ダムの堤体直下にはありません。大規模なダム直下から渓流になっているのは割と珍しいのです。(こちらの写真が分かりやすい。

この洪水吐の配置の結果として小河内ダム天端にはゲートを動かす機械類がありません。二つの建物がありますが一方は展望台、一方は保守点検用となっている点も特徴的です。竣功時期は全然違いますが、天端の建物がゲート用の機械室ではないのは宮ケ瀬ダムもそうです。

柳沢峠にむけて出発

多摩川になった奥多摩湖(2021年5月)
多摩川になった奥多摩湖(2021年5月)

ダム堤体にも寄りたかったのですが、時間的にタイトになりそうだったので今回は立ち寄らず大菩薩ラインで柳沢峠方面に向かいます。奥多摩湖の水位が下がって湖というより単なる多摩川になっていました。奥多摩湖は貯水面積が広い割に水深は浅い場所が多く、貯水量が少なくなると上の写真のような風景になりがちです。

柳沢峠から富士山方向を望む…

柳沢峠から富士山方面を望む(2021年5月)
柳沢峠から富士山方面を望む(2021年5月)

雲です。夏が近づいてきている雰囲気の雲に隠れて富士山は見えませんでした。雲の写真も良いですけど、ここじゃなくてよいのに。見えないことが分かったのでここは早々に出発して大菩薩ラインを下ります。

次回はフルーツライン。

宮ヶ瀬ダムツーリングレビュー(5)ー石小屋ダムの風景

ダムからダムを望む

石小屋ダムから宮ケ瀬ダムを望む(2020年8月)
石小屋ダムから宮ケ瀬ダムを望む(2020年8月)

手前から「いしごや湖」の碑、その奥に津久井導水路の入り口、橋は新石古屋橋、奥に宮ケ瀬ダム堤体。神奈川県のダム湖は導水網が発達していて、津久井湖(城山ダム)といしごや湖も導水路を通じて連携運営されています。

水力発電所が設置されています

石小屋ダムの常用吐(2020年8月)
石小屋ダムの常用吐(2020年8月)

石小屋ダムの常用吐からの放水。水力発電所が設置されており、およそ小さく見えますが1000世帯分の電力を発電しています。深城ダムの規模と発電量とは対照的です。

正式名は「宮ケ瀬副ダム」

石小屋ダムのダム名表示(2020年8月)
石小屋ダムのダム名表示(2020年8月)

石小屋ダムと通称されていますしダムの公式サイトでもそう記載されていますが正式名称は宮ケ瀬副ダムです。もともとあった「石小屋渓谷」の地名を残す意味でも石小屋ダムの方が良いと思います。

石小屋ダム全景(2020年8月)
石小屋ダム全景(2020年8月)

石小屋ダムの全景です。石小屋ダムの洪水吐は堤体の自然越流によるものです。堤体の上に橋が架かっており、このページの写真はこの上から撮影したものが含まれます。手前が発電所です。

遠い昔を思う…

石小屋堰堤の碑(2020年8月)
石小屋堰堤の碑(2020年8月)

石小屋ダムが出来る前は「石小屋堰堤」があったようです。詳細は不明です。

半原渓谷石小屋の碑(2020年8月)
半原渓谷石小屋の碑(2020年8月)

半原渓谷石小屋の碑。全文は「縣下名勝史蹟四十五佳選當選記念 半原渓谷石小屋 横濱貿易新報社」とあります。四十五というやや半端な数字に興味を持ち、調べてみると当新聞社の設立45周年(昭和十年)の記念事業だったようです。(こちらに詳しい)。ちなみに石小屋は「第一位」(こちらの資料による)。資料を見ると「宮ケ瀬渓谷」の地名も挙がっていますが…現・記念碑所在地不明となっています。不明ではなくて宮ケ瀬湖の湖底でしょう。大規模開発には必ず破壊が伴うことを実感して少し切ない。

今回で宮ケ瀬ダム、石古屋ダム編完結。明日からは大室山の景色を紹介します。

宮ヶ瀬ダムツーリングレビュー(4)ーダム天端からの風景

見晴らし抜群です

宮ヶ瀬ダムから厚木方面を望む(2020年8月)
宮ヶ瀬ダムから厚木方面を望む(2020年8月)

宮ケ瀬ダムの天端は見晴らし抜群です。下流の石小屋ダムがみえるのは勿論ですが、中津川の下流、厚木市内の超高層ビルが見えます。一番目立っているのは厚木アクストメインタワーかと思われます。(写真をクリックして大きくしてみてください。)

また写真左側にはゴルフ場のグリーンが見えます。遠いように見えますが、パットに失敗した人が天を仰ぐ様子が見えました。

宮ケ瀬湖の風景

宮ケ瀬湖の風景(2020年8月)
宮ケ瀬湖の風景(2020年8月)

宮ケ瀬ダム天端から宮ケ瀬湖を望みます。奥多摩や奥秩父に比べると山々はあまり険しい感じではなく、なだらかな稜線が重ねって見えます。この日は残念ながら曇り。雲に隠れている山は丹沢山地の稜線の北辺で焼山と思われます。

インクラインが特徴的

宮ケ瀬ダム堤体を左岸側から望む(2020年8月)
宮ケ瀬ダム堤体を左岸側から望む(2020年8月)

管理人がこれまで訪問したダムの中でインクラインのように風景を見ながらダム天端まで機械的に上る施設があるのは宮ケ瀬ダムだけです。勿論、階段は多くのダムであるのですが…(上る気にならない。)

晴れていれば更に最高の風景だろうと思いつつ、インクラインで下り帰途につきます。明日は、石小屋ダム周りの放水や風景を紹介します。

宮ヶ瀬ダムツーリングレビュー(3)ーインクライン周り

宮ヶ瀬ダムには「駅」があります

宮ヶ瀬ダムのインクライン山麓駅(2020年8月)
宮ヶ瀬ダムのインクライン山麓駅(2020年8月)

宮ヶ瀬ダムには駅があります。もっとも鉄道の駅ではなくてインクラインと呼ばれる、斜行エレベータです。もともとは宮ヶ瀬ダム建設時にコンクリート運搬用に設置された施設を乗客が乗れるように改造したものです。ダムの天端まで階段でも行けるようですが…、ここはケチなこと(往復500円)を言わずにインクラインで向かいます。

インクラインからの風景

インクラインからの風景(2020年8月)
インクラインからの風景(2020年8月)

インクラインからの風景です。下に見えているのがインクライン山麓駅。下りのインクラインと行違った直後です。ダムの対岸に階段が見えています。この階段でダムの下と天端を行き来出来ますが…大変なことは間違いないでしょう。

宮ヶ瀬ダム天端の様子

宮ヶ瀬ダム天端の風景(2020年8月)
宮ヶ瀬ダム天端の風景(2020年8月)

ダムの天端の様子です。ダム下から小さく見えていたエレベータルームと展望台がそれなりの建物の大きさなのが分かります。宮ヶ瀬ダムは2000年竣功の新しいダムなので観光客向けの施設が充実しています。アクセスも良いので家族で休日を過ごすのに、あいかわ公園+宮ヶ瀬ダムはおすすめです。

明日は宮ヶ瀬ダム天端からの風景を掲載します。

宮ヶ瀬ダムツーリングレビュー(2)

宮ヶ瀬ダム全景

宮ヶ瀬ダムと愛川第1発電所(2020年8月)
宮ヶ瀬ダムと愛川第1発電所(2020年8月)

宮ヶ瀬ダムの見どころが良く分かる1枚です。手前から紹介。川に土砂がたまっているのが見えますが、この左側林の上の方に大沢の滝があります。この滝は橋からよく見え、夏には涼しげな印象です。橋の真ん中あたりの向こうに見えるのが愛川第一発電所。年間で約24000世帯分の電力を供給する水力発電所です。

その奥に見えている白い施設が低位常用洪水吐。時々試験放流することがあるようです。ダム天端中央部に非常用洪水吐が見えます。こちらは建設以来放流されたことはないようです。ここからの放流は余程のことということでしょう。

大沢の滝

あいかわ公園内大沢の滝(2020年8月)
あいかわ公園内大沢の滝(2020年8月)

橋の上から大沢の滝を撮影しました。さほど高くもなく大きな滝ではありませんが落ちる水の音が涼しげで良い風情でした。

宮ヶ瀬ダムの非常用洪水吐

宮ヶ瀬ダムの非常用洪水吐(2020年8月)
宮ヶ瀬ダムの非常用洪水吐(2020年8月)

非常用洪水吐を望遠レンズで撮影しました。宮ヶ瀬ダムの非常用洪水吐は特徴的な構造になっており、上流側はダムの広い面で越流し、天端下の水路を通って集まった水が写真の洪水吐から放流される構造になっているそうです。こうやって見ると大きさがわかりにくいですが洪水吐両端にある四角形の構造物は展望台兼展示室とエレベーター室になっていて通常の3階建て以上の高さがあります。

明日は宮ヶ瀬ダムに近づいて登ってみます。

宮ヶ瀬ダムツーリングレビュー(1)

tuktukにあった後は…

あいかわ公園のあいちゃん号(2020年8月)
あいかわ公園のあいちゃん号(2020年8月)

宮ヶ瀬ダムを含む神奈川県立あいかわ公園にツーリングです。園内はかなり広く移動を助けるための「あいちゃん号」が運航されています。残念ながら有料なので私は徒歩で移動。まあまあ距離がありますが、今思えば白丸調整池ダムの鳩ノ巣渓谷を歩いたのに比べればヘッチャラです。

石古屋ダムもそれなりの規模

石小屋ダム全景(2020年8月)
石小屋ダム全景(2020年8月)

あいかわ公園の入り口から宮ヶ瀬ダムに向かって歩くとまず石小屋ダムに行き当たります。宮ヶ瀬ダムは国内の重力式コンクリートダムの堤高で2位を誇る大規模ダムですが、その規模に見合って副ダムである石小屋ダムもそれなりの規模です。石小屋ダムは宮ヶ瀬ダムから放流される水の下流への放水流量の調節や減勢工の役割を持っています。近くに昭和二十七年ー石小屋堰堤との石碑もありこれを宮ヶ瀬ダム建設時に拡張して工事したものかと思われます。(ただし想像です。違ってたらごめんなさい。)

流石は日本2位!

宮ヶ瀬ダム下流入り口(2020年8月)
宮ヶ瀬ダム下流入り口(2020年8月)

石小屋ダムから更に歩くと宮ヶ瀬ダムが見えてきます。流石は日本2位の高さを誇る大ダム。ちなみに高さは156mで正確に言うと2位タイ。浦山ダムも同じ高さですが、周りの山が険しくない分、宮ヶ瀬ダムの方がゴバァッとしたコンクリート堤体の迫力が味わえます。このダムの周りは見どころ満載。

明日以降宮ヶ瀬ダム周りの写真を掲載していきます。

夏の思い出ー月夜見第一駐車場

月夜見第一駐車場にはいろいろな…

夏のある日の月読第一駐車場(2020年8月)
夏のある日の月読第一駐車場(2020年8月)

奥多摩の月夜見第一駐車場にはいろいろな人や車、バイク、自転車が集まります。夏のある日の月夜見第一駐車場。この日は真夏なのでバイクは少なかったですが…あれ?変わったのがいますよね。

TUKTUKは大変らしい

月読第一駐車場のtuktuk(2020年8月)
月読第一駐車場のtuktuk(2020年8月)

オーナーさんに許可をもらい撮影したtuktuk。レンタルもあるようですが、これはオーナーさんが運転していました。格好いいのですが奥多摩辺りを走るのは大変なようです。エンジンは古い軽自動車のキャブレター仕様のエンジンで出力出ないし、パワステがないのでハンドルは重いし、三輪車なのでそもそも曲がらないし。とのこと。まあ、それでもゆっくり帰りますよーとのことでした。

ツーリング先でNC750Sを撮影

ツーリング先のNC750S
何の変哲もない場所で撮影した一枚です。

ツーリングで寄った先で何気なく撮影した一枚です。場所としては何の変哲もありませんがなんとなく良い感じに撮れていると思いませんか。愛車は「キャンディクロモスフィアレッド」という色で指定されていますが要は「赤」です。同じ車種で「青」もあるのですが管理人としては「赤」一択です。これは正解だったと思っています。山にしろ海にしろ緑や青の風景が多いので赤の方が映えるよねっていうのが管理人の感性。

このときは刈り取りの最盛期でとなりの田んぼにはまだ稲穂が残っていました。房総半島にある三島ダムのちょっとした展望所でダム堤体を撮影して戻ってくるときにいい風景だなあと思って撮影した一枚。あれ?これ野島崎の帰りだ。このツーリングの写真打ち止めって書いた記事が嘘になってしまった。まあ、許して。

野島崎から伊豆大島、釣り人、かもめ丸、スロープ、NC750S(南房総ツーリング7)

野島崎の風景とNC750S
色々なものが詰まった野島崎の風景

奥から伊豆大島、堤防の釣り人、海底透視船かもめ丸、漁港のスロープ、NC750S。私の心をくすぐる色々なものが映り込んだ一枚です。スロープの前にNC750Sを停めて撮影していますが、撮影時だけ一時的に停めたものです。一般的にスロープ周りは漁師の方が作業することが多いので駐車は避けましょう。

この日のツーリングは東京湾アクアライン→国道127号→国道410号→県道86号→野島崎の経路でした。アクアラインが少し渋滞しましたが、他はほとんど渋滞なく東京から順調なツーリングでした。この後は国道410号経由で、安房中央ダムや三島ダムに寄って撮影しながらの帰途でした。東京湾アクアラインさえ渋滞しなければ一般道を走っても渋滞の少ないとても楽しいツーリングルートです。ワインディング要素が欲しければ途中で鹿野山に登る経路を入れるのがお勧めです。

帰路の写真はまた後日。明日からまた別方面で撮影した写真掲載にします。

« Older posts