ダムツーリングと海、山、川、岬を巡るツーリングを通し関東を主に日本の風景を紹介します

カテゴリー: 奥野ダム

東伊豆へのツーリングー奥野ダム(7)

栗のイガが残っていました

奥野公園の栗のイガ(2021年3月)
奥野公園の栗のイガ(2021年3月)

春というのに栗のイガが残っていました。勿論中身はからですし、もともと食用の木ではないのでイガも小さいです。奥野ダムの下流側下は奥野公園が整備されています。桜が植わっていたので開花時期はきれいだと思いますが、3月上旬では早すぎました。

這う這うの体で上がってきました

奥野ダム堤体を望む(2021年3月)
奥野ダム堤体を望む(2021年3月)

奥野ダムの堤体高は63mとそれほど大規模ではありませんが、階段を下って登るのは大変です。20階建てのビル相当ですから。奥野公園から階段を這う這うの体で登ってきて右岸側から下流側堤体を撮影したのが上の写真です。左上に見えているのが管理事務所の建物で、その右側に駐車場が見えています。

松川湖は水位が低かった

松川湖(2021年3月)
松川湖(2021年3月)

降水量が少ない時期のせいか松川湖の水位はとても低かったです。松川湖の名前は地元の人たちが伊藤大川をそう呼んでいたから…あれ前回書いたかも。松川湖周りは4.8kmの遊歩道が整備されているそうですが、階段下り上りですでに体力売り切れです。そろそろ帰途につきます。

奥野ダムを背景に記念撮影

奥野ダムをバックにNC750S(2021年3月)
奥野ダムをバックにNC750S(2021年3月)

NC750Sを記念撮影して、小室山公園椿園から始まったこのツーリングの写真の終わりにします。帰りは国道135号→小田原厚木→東名→環八経由。環八でやや渋滞しましたが順調に帰宅しました。

次回から…忙しくてツーリングに行けてません。どうしよう。

東伊豆へのツーリングー奥野ダム(6)

奥野ダムの特徴は洪水吐

奥野ダムの水の流れ(2021年3月)
奥野ダムの水の流れ(2021年3月)

奥野ダムの特徴はスキージャンプ台のような洪水吐です。二瀬ダムもスキージャンプ台に例えられますが、堤体に沿っています。奥野ダムはロックフィルダムなので別途ジャンプ台のような流路が設けられています。(上の写真中央部)

上から見るとこんな感じ

奥野ダムの非常洪水吐流路(2021年3月)
奥野ダムの非常洪水吐流路(2021年3月)

スキージャンプ台のような流路ですが斜度が大きすぎて上から斜面が見えません。残念。下には水の勢いを減じる減勢工が見えています。ちなみにこの写真の右側の壁沿いに下の奥野公園におりる階段があります。

下から見るとこんな感じ

奥野ダムの非常洪水吐流路下から(2021年3月)
奥野ダムの非常洪水吐流路下から(2021年3月)

階段を下って非常洪水吐の流路下から流路を撮影したのが上の写真。上の建物の見え方とか減勢工の大きさとかで距離感が分かると思います。結構階段を下ってきています。勿論この後、階段を上るのですが…大変でした。

次回は上りの道々撮影した写真を掲載します。

東伊豆へのツーリングー大室山~奥野ダム(5)

一碧湖の湖岸を抜けて大室山へ

大室山とNC750S
大室山とNC750S

小室山公園椿園を堪能した後は奥野ダムに向かうことにしました。奥野ダムへの経路は伊東市街地側からと一碧湖側からがありますが小室山からは後者が近道です。吉田交差点から一碧湖に抜けて一碧湖畔の別荘地を抜けると大室山に至ります。大室山は以前リフトや頂上からの写真を紹介したので今回は通過。でも、NC750Sの記念撮影は欠かせません。

奥野ダムは意外と市街地から近い

奥野ダムの下流側堤体
奥野ダムの下流側堤体

奥野ダムは巨大というほどではありませんが、比較的大きなロックフィルダムです。伊東市街地からは15分程度で到着できるアクセスしやすいダムです。奥野は地区の名前でダム湖の「松川」は地元の人たちが伊東大川のことをそう呼んでいたのを踏襲したようです。主な目的は治水で、上水道、水力発電の水源としても使用されているそうです。

自然越流式の非常洪水吐が特徴的

奥野ダムから松川湖を望む
奥野ダムから松川湖を望む

松川湖は冬の雨の少ない時期のせいか水位が非常に低かったです。手前に見えているのが自然越流式の洪水吐。越流側も特徴的ですが放流側は更に特徴的です。次回は放流側の写真を掲載します。

このところ本業多忙で掲載が滞っていました。今しばらくは忙しそうですが、引き続き掲載していきますのでよろしくです。